なぜ未経験の30代にとって、IT企業への転職が可能であり、魅力的なのか

さまざまなライフハック(生活のちょっとした工夫)をまとめたnanapiというサイトがあります。

 

このサイトを運営している企業の創業者で、古川健介という社長は、「けんすう」の名前で執筆活動もされています。

 

けんすうさんが書かれた「あなたの人生はまだ詰んでいない可能性が高いし、一発逆転とかないですよ、、と。」という記事は読みごたえがありました。

そもそも20代とか30代で、無職とかフリーターとかの状態で「人生詰んだ」とまで言えるかというと、そうでもないと思っています。ハードモード状態にはなっていると思うんですけど、先進国に生まれて戦争とかもない状態だったら、まだまだ挽回のチャンスがある。

で、思うんです。一番リスクが高いことが「人生詰んだと思って、適切な行動をしなくなる」ことじゃないかと。

たとえば「31歳、無職で職歴なし。借金は100万円ある」という状態が「人生詰んだ」かというと、そこまででもないと思うんです。まだまだ打てる手はあります。
たとえばプログラミング学習のサービスを使って、月額2000円くらい使って、半年間学ぶ。平日に1日5時間勉強すると一週間に35時間、月に140時間、半年で840時間です。
そこまでやると、そこそこは書けるようになるわけです。あとはクラウドソーシングとかで仕事を受けるなり、未経験でもコードがかければ雇ってくれるところを探すとかできるわけですね。

 

キャリアの形成に失敗した人、人生を模索している人にとって、はげまされる記事です。

 

人生を大きく変えることは可能

今の仕事に満足できなかったり、人間関係がうまくいかなかったり、給料をもっと多くもらいたいと願ったり、さまざまな理由で転職したい、と思っている30代方々が、私のこのサイトをご覧になっているはず。

 

その中には、これまでのキャリアや能力では、望むような転職が出来ないのではないか、と悩んでいる人も多いでしょう。

 

しかし、30代はあきらめるにはまだ早すぎます。
けんすうさんが指摘しているとおり、いくらでも挽回は可能です。

 

わからないなら、取り敢えずIT産業へ

適切な方向へ向かって、適切な努力を続ければ、人生を良い方向へと変えることは、それほど難しいものではありません。

 

では、適切な方向とは、適切な努力とは、何でしょうか?

 

もしも適切な方向が見えていない、将来が予測できない、分からない、というのであれば、けんすうさんが具体例として紹介しているプログラムなど、ITに関する知識を身につけることを強くお勧めします。
(現に私も、前職と異なり、IT企業に転職したために、人生が明るい方向へと変わりました)

 

なぜプログラムなどのITに関する知識を勉強することが大切なのでしょうか?

 

未来はこうなる〜人口動態統計からの予測〜

将来を予測しながら、考えてみましょう。
予測不可能などと言われる将来ですが、確実に予測できる未来はあります。
それは、今の日本の人口の分布から分かることです。

 

これまで、その予測は100%近い確率で当たってきました。
なぜなら、戦争でも起きない限り、10年後、20年後にどのような人口分布となるのかは明らかであり、その結果、社会がどのように変わるのか、確実に予測できるからです。

 

少子高齢化社会がこのまま進めば、これから20年後の2040年には、地方では3人に1人が65歳となります。

 

参考:2040年の日本では高齢化が大都市部を直撃する

 

そうなると、若者が働く場所がなくなり、若者相手の仕事は日本で成り立ちにくくなります。
その結果、若者は今よりも生活が苦しくなります。
日本の経済は、ますます縮小していくという悪循環に向かうのではないか、と言われています。

 

日本のマーケットが縮小する中で

変えられない未来。
そこから少しでも抜け出すには、今成長している業界に入ることです。
さらには、日本のマーケットで食えなくても世界を相手に戦えるような技術を身につけた方がいいでしょう。

 

それがIT業界であり、世界で戦える基本的な技術の1つが、プログラミングなのです。
それが、プログラムを勉強して、IT業界に転職するか、ITに関する仕事に就いたほうが良い、とお勧めする理由です。

 

たしかに学習には時間はかかります。
しかし、けんすうさんもおっしゃっているとおり、半年も勉強すれば、それなりの力がつきます。
そこが、新しい技術、若い技術の魅力でもあります。

 

長い歴史を持つ技術は、長年の鍛錬が必要ですし、言語化されていない技術もたくさんあります。
それに対して、プログラムなどの新しい知識は、比較的短期間で身につけることが可能です。

 

短期間で、しっかりとしたITに関する知識や技術を身につける方法

しかし、半年も時間をかけて、プログラムをそこそこ書けるレベルで収まるのは嫌だ、という人もいらっしゃるでしょう。

 

もっと戦える知識を、短期間で身につけたい、そして、どの程度の力がつくのか知りたい、と願う人も多いでしょう。

 

その場合、株式会社divが提供するプログラミングなどの学習コース
人生を変える1ヶ月【TECH::CAMP(エンジニアスクール)】
をお勧めします。

 

入会費用は128,000円、月額料金は12,800円(初月無料)と、少々値がはります。
しかし、3ヶ月後には、下でご紹介するレベルのサイトを作成出来るようになります。

 

参考:不動産情報サイト「Live Search Fukuoka」

 

上記の不動産サイトは、実際にTECH::CAMP(テックキャンプ)を受講した生徒さんが、3ヶ月で作成したそうです。

 

そのことは、「TECH::CAMP」のページの中盤「卒業生の声」で紹介されています。

 


これだけのサイトを作るレベルに、3ヶ月で達することが出来る、という明確な将来像があれば、勉強への意欲が湧いてきますね。

 

残された時間をいかに使うべきか

30代にとって時間は、20代に比べるとはるかに貴重です。
その時間を買おうと思えば、多少の出費が必要かもしれません。
しかし、それで道がひらけるのならば、挑戦する価値はあるでしょう。

 

道はいつでも前にあります。

 

その道を歩くのはあなた。
今のまま、たたずむのもまた、あなた、です。

 

あなたには、道を切り開く力があります。